緊急事態宣言が発令された時の整骨院・鍼灸院の手引き

 

「また緊急事態宣言!どうやって整骨院を続けていけばいいのか…」

2回目の緊急事態宣言がでる前から、こうしたお悩みを同業の先生からお伺いする機会が増えました。

 

この度は前回の緊急事態宣言後に整骨院の収益を2倍以上にした先生のお話をもとに対応策を書かせて頂きました。

緊急事態宣言が発令が出されて、整骨院の運営に不安を感じていらっしゃるようでしたら、この度のブログがきっとお役に立てると考えています。

お時間のある時にご覧いただけますと幸いです。

 

 

 

こんにちは治療院成功塾を主宰しています作尾と申します。

 

この度は緊急事態宣言が発令された際の整骨院の対応を書かせていただきました。

 

緊急事態宣言が発令されるとほとんどの方が、不要不急の外出を控えるようになります。

その結果、体の不調があるにもかかわらず、自宅で我慢して過ごす患者さんが増える可能性があるのです。

本当は整骨院に行きたくても、家族や身内から反対を受けて通院できない患者さんも増える可能性があります。

さらに、前回の緊急事態宣言で整骨院を解雇される柔道整復師や鍼灸師もいました。

そればかりか、緊急事態宣言後に業績が悪化し、分院を閉めたという先生もいらっしゃいました。

きっと胸を掻きむしられるほどつらい体験をしたと思われます。

 

こんなつらいことが繰り返さないようにするために、緊急事態宣言が出されたとしても整骨院はどうやって診療を続けていけばいいのか?

 

前回の緊急事態宣言後から整骨院の収益を上げ続けている先生のお話をブログ記事にまとめています。

 

体の不調を解消するために整骨院に通院することは不要不急の外出にはならない

緊急事態宣言が発令されたこと。

さらに、新型コロナウイルスの感染者が増えている報道をみたら、肩こりや腰痛、ひざの痛みと言った体の不調があっても限界まで体の不調を我慢する患者さんが増えるのも無理のないことです。

 

しかし、体の不調を治すため整骨院に通院するのは、不要不急の外出にはなりません。


加えて、柔道整復師や鍼灸師、あん摩師と言った国家資格を持たれている先生は、国の定める衛生基準 をクリアして開業されています。

 

 「○○整骨院でクラスター」

「 あの先生もコロナウイルスに感染してしまった…」

 

こんなニュースや噂は少なからず聞いたことがあるのではないでしょうか?

こういったことを聞くと、診療を続けていくことも不安になるのは無理のないことですね。

 

でも、今のところ患者さんも施術者もマスクをつけておくこと。

さらに、換気や消毒、検温といった感染症対策を徹底しておくことでコロナウイルスに罹患された患者さんが来院したとしても濃厚接触者の対象にはなっていません。

こういった事実は患者さんだけでなく、整骨院や鍼灸院を運営する方も知らないことが多いです。

ですので、本当に困っている患者さんに向けて私たちはメッセージを発信していく必要があると考えています。

そのためにも、整骨院の感染予防を行い、新型コロナウイルスに対して適切な対処をしながら、患者さんが安心して通院できる環境が大切だと考えています。

 

コロナ禍でも患者さんに安心して通院していただける整骨院って?

 

感染を恐れている患者さんは、一体どうすれば安心して頂けるんでしょうか?

きっと前回の緊急事態宣言以後、多くの整骨院は感染症対策でアルコール消毒やマスクの着用、換気設備の導入、手指消毒の徹底、検温、スタッフの体調管理、ご自身の健康管理と言ったことを徹底されたのではないでしょうか。

2ヶ月ほど前あるホテルに泊まると、消毒している箇所、換気設備の説明、コロナウイルスの対策を書面に分かりやすく箇条書きにされていました。

そんな取り組みをしていることを患者さんに向けて発信していく必要があると考えています。

来院なさる患者さんは整骨院や鍼灸院がどんな感染予防をしているか知りません。

ですので、 整骨院で取り組まれている感染予防対策を、 ホームページやブログ、 SNS で発信していくことで


「ここなら大丈夫」

 

と、患者さんに安心していただけると考えています。

 

そして、体がしんどくて整骨院に行こうとしたら家族や身内から反対をされた時


「ここの先生はしっかり感染予防対策をしてる」


と、もっともらしい説明ができると考えます。

 

 

 

3密を避ける為、この機会に完全予約制を導入

私のもとに相談をしてくださった先生のお話をまとめてみると、新型コロナウイルスの影響を受けたのは、保険診療をメインに運営している整骨院がほとんどでした。

 

逆に、自費診療で完全予約制を導入している整骨院施術単価が5000円以上の整骨院は、コロナ禍で売上が下がるどころか予約が取れなくなる程忙しくなったとのこと。

中には、コロナ禍に収益を2倍以上にしたという先生もいらっしゃいました。

 

コロナ禍に、 収益をあげた先生に共通していたことは

 

治療院がきれいに片付けられていること

完全予約制が導入されていること

自費診療をメインに整骨院を運営されていること

といった3つの共通点がありました。

 

私たちもできることを取り入れることが大切だと考えています。

 

緊急事態宣言が発令され整骨院や鍼灸院が暇になったときに取り組む5つのこと

  • 院内を徹底的に掃除
  • 院内のいらないものを処分する
  • 完全予約制を導入して、待合室や施術室が密になることを避ける
  • 患者さんに向けてホームページや手紙、SNS、ブログで換気と消毒をしていることをお知らせする
  • 診療単価を上げ、自費診療を導入する。

といったことから始めてみてはどうでしょうか?

新型コロナウイルスに対処もせず診療をするのは愚かなことです。

しかし、私たちは医療従事者です。

体の不調に悩む患者さんのお役に立てるように、正しくウイルスを怖がり 、対処しながら診療を続けていく必要があると考えています。

世間は新型コロナウイルスが流行してから、驚くほど速いスピードで変わり続けています。

私たちも患者さんのお役に立てるよう診療を続けていくために、臨機応変に変化していく必要があります。

※もちろん、技術の研鑽、知識の習得、人間性の向上 といったことは 今まで通りに続けていく必要があります。

このブログを読まれてる先生方のお役に立てれば幸いです。

 

最後に

 

ここで少し私が主催する治療院成功塾の紹介をさせてください。

治療院成功塾は、昨年の2月から外傷以外は保険診療に頼らない整骨院を作っていくサポートをしています。

信じられないかもしれませんが、コロナ禍に会員の先生方全員が自費診療の収益を倍以上に増やしました。

緊急事態宣言を受けて売上が半分以下になったという先生までいらっしゃいましたが、治療院成功塾に入会してから売上はV 字回復しました。

 

決して回数券や値引きチラシと言った 自分の整骨院の価値を下げる集客をすることなく、良識のある患者さんから選ばれる整骨院を目指し皆が努力をしています。

これを機に整骨院のスタイルを変えていきたいとお考えでしたら、治療院成功塾でお伝えしているコンテンツがきっとお役に立てると考えています。

 

興味のある方は下記 URLかQRコード より LINE の方に登録していただき、ご質問いただければ対応させていただきます。

こんな時ですがお互いに頑張りましょう。

https://lin.ee/1PVAAYvVM

※社会人や医療人としてモラルにかける方はすぐにブロックさせて頂きます。

(監修 柔道整復師・鍼灸師 作尾大介)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。