真似すれば成功する!?開業後1年6ヶ月で治療院の月商100万円を達成した取り組み

開業初月から自費診療の治療院を黒字化!

開業後、わずか1年6ヶ月で月商100万円を超える収益を叩き出した治療家の取組を公開します。

自費診療で月商100万円を稼ぎ続ける治療家の取組を公開

こんにちは、治療院成功塾を主催しています作尾大介です。

この度のブログでは、治療院成功塾の会員であり、大阪府高槻市でユーカリ整体院を経営されています樋口亮太先生のインタビューの内容をまとめています。

樋口先生は自費診療の治療院(ユーカリ整体院)を、開業後初月で黒字化。

開業後1年半で、自費診療で月商100万円を達成しました。

その後も月商100万円を継続して稼ぎ続けていらっしゃいます。

また、樋口先生は整骨院で修行を詰みながら、開業前に自宅の一室を改装し、週末開業でたくさんの患者さんを施術してこられた実績があります。

開業前には感染症が蔓延している状況にも関わらず、予約が取れないほどたくさんの患者さんから支持されていたのです。

一体どんなことに取り組んで、開業前の準備や、1年半で月商100万円を超える治療院を作り上げたのか?

詳しくインタビューさせていただきました。

これから整骨院を開業したい。
あるいは、治療院の集客に苦しんでいる。
もしくは、整骨院の経営が安定しない。

このようなお悩みがある時は、この度のブログがお役に立てると思います。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

 

整骨院を開業初月から安定した売上を出すために必要な準備とは?

作尾
作尾
樋口先生こんにちは、この度はインタビュー動画にご協力いただきありがとうございます。
確か、前回もインタビューを撮りましたよね?あれいつぐらいでしたっけ?

 

確か2、3ヵ月前だったかと

 

作尾:2、3ヵ月前はちなみに、月商はいくらぐらいでした?

 

樋口先生:あの時でまだ70万ぐらいでした。

 

作尾:60万70万ずっと一時期行き来してましたよね。

樋口先生:そうですね…

※この度のインタビューの3ヶ月前に撮った動画はこちらです。

 

作尾
作尾
樋口先生すごいなと思ったのは、開業初月からいきなり黒字化したんですよね。
開業前から治療院成功塾でお伝えしているコンテンツを真面目に取り組んでおられました。

作尾:樋口先生は、開業の何年前ぐらいから準備に取り掛かりました?

 

開業の2年前ぐらいからですね。

 

作尾
作尾
開業の2年前ぐらいからコツコツあるコンテンツに取り組んでいただいて、開業初月でいきなり保険診療を全く使うことなく自費診療で黒字化に成功した?

 

樋口先生:はい。

 

作尾:数ヶ月後には50万円60万円稼げましたよね。

 

樋口先生:そうですね。

整骨院の月商60万円を軽く超えて、安定して100万円の売上を稼ぐ方法とは?

 

作尾:そこからちょっと伸び悩んだ時期がありましたね。

 

そうですね。一時期は伸び悩んでいました…
作尾
作尾
大変だったと思います。
しかし、あることに取り組むと開業後1年半で月商100万円を達成した。

 

樋口先生:はい。

 

作尾:樋口先生は月商100万円を稼ぐ上で、一番意識されたことはなんでした?

 

一番意識したことはリピート率ですかね。

 

作尾:なるほど!新規患者さんのリピート率ですね?

 

樋口先生:そうですね、新規患者さんのリピート率になります。

 

作尾:ちなみに、月商が60万円くらいの時のリピート率ってどれぐらいだったんですか?

 

伸び悩んでいた時は5回目のリピートが60%とかだったので、
そこをちょっと上げていかないといけないという危機感がありました。

作尾:そうだったんですね。ちなみに当時の2回目のリピート率、はどれくらいでしたか?

 

樋口先生:それでも2回目リピート率は95%とかはいってたと思います。

 

作尾:現在も?

 

現在はほとんど100%です!

 

作尾
作尾
すごいですね!リピート率改善のために、どんなことに取り組まれましたか?

整骨院の2回りピート率はほぼ100%!5回りピート率も80%を越える取り組みとは?

樋口先生:まずは問診の時に音声をとらせていただいて、その音声を作尾先生に文字起こししたやつを送っていただいて添削をいただいたりとか。文字起こししたりとか。

 

作尾:確か文字起こししたテキストを送っていただいて、それでここは変えた方がいいとかというのがありましたね。

 

樋口先生:そうですね。

作尾:地道に何ヵ月間か取り組みましたね。

 

樋口先生:そうですね。

 

作尾:現在のリピート率を聞いてもいいですか?

 

今は新規患者さんの5回リピート率は80%を超えている感じですね。

 

作尾
作尾
すごいな!
5回リピート率80%を超えるにあたって、どんなことに一番気をつけていらっしゃいますか?

 

樋口先生:原点に振り返った時には、患者さんのお役に立てるのはどういうことなのか?」

というところを考えて取り組んだのが一番だったと思います。

今まではどうしても機械的に「これを聞いて、次これ聞いて」みたいな形で聞くようにしてたんですけども、人それぞれ悩みが違うので、そこを意識しました。

 

作尾
作尾
患者さんのお役に立てること…
患者さんのお役に立てるってことって、その患者さんが何に困ってるかを聞かないと分からないじゃないですか?

 

樋口先生:そうですね。

 

整骨院に来院なさる新規患者さんのリピート率が低い治療家とリピート率が高い治療家の違い

 

作尾:そういうこと(患者さんのお悩み事)を聞くことを意識された?

 

樋口先生:そうですね。不安に思っていることとか痛みの裏側にあることとかを意識して聞くようにしました。

 

作尾
作尾
腰痛やからって腰だけ治すとか、肩こってるから肩こりだけ治すとか。

そういうことではないですよね?

 

樋口先生:ないですね。

 

作尾:肩こりで困っている人って、具体的にどんなことでお悩みでした?

 

例えば仕事に影響が出ていて重たいものを持つ。仕事をしている人とかだったら、

腰痛があるせいでできないとかですね。

家事育児にしても同じことだと考えています。

体の不調でできないことがある、それが「不安や心配」っていうことかと思います。

作尾:なるほど。つまり、肩こりや腰痛があることによって、日常生活の場面でどんなところで困ってるのか。その方っていきなり肩こりになる訳じゃないじゃないですか。

 

樋口先生:そうですね。

 

作尾:肩こりで来院されている患者さんよく「ずっと」って言わないですか?

 

樋口先生:言いますね!

 

作尾:ずっと痛い、ずっと肩こってる…ですが、何でこのタイミングで来たのかな?とと思うのですが、その時はどんな質問されますか?

 

樋口先生:おっしゃるようになぜうちの治療院でこのタイミングで治療を受けようと思ったんですか?みたいな形で聞くようにはしてますね。

 

作尾
作尾
なるほど!
患者さんはずっと肩がこってるにもかかわらず、先生のところに来た理由やきっかけを教えてくれるのですね?

 

そうですね。理由を教えてくださいます。
樋口先生
樋口先生

作尾:それが聞けるのと聞けないとで全然リピート率変わってきますか?

 

全然変わります!
樋口先生
樋口先生

初公開!成功する整骨院の集客方法

 

作尾
作尾
樋口先生が月商100万円の収益を稼ぐにあたって、
頑張って取り組まれたことの一つに集客もありましたよね。

 

樋口先生:そうですね、集客も頑張りました。

 

作尾:リピート率が高かったら、集客した人ってずっと通い続けて来てくれるわけじゃないですか。

 

樋口先生:そうですね。

 

作尾:じゃあそんなに集客を頑張らなくてもよくなりますか?

 

そうですね。

今はあまり集客の心配はしてないです。

 

作尾:すごいな。集客にどれぐらいお金かけられました?

 

樋口先生:集客にかけた費用は0円です。

 

作尾
作尾
0円で集客って嘘みたいですね!

ちなみに、先月ってどれぐらい新規患者さんが来院されたのですか?

 

先月は新規患者さんは10人以上来院されてますね。
樋口先生
樋口先生

作尾:10名以上が無料で来てるんですね!

 

樋口先生:はい。

 

作尾
作尾
どんなコンテンツ使って集客されたんですか?

 

一番は紹介とYouTubeです。
樋口先生
樋口先生

 

作尾:3つ目はどんなことがありました?

 

インスタとかSNSが多いと思います。

あとGoogleですね。

Googleマップの口コミは恐らく近所の中ではそれなりに数がある方だと思いますので。

 

作尾:SNSやGoogleマップに力を入れられてますね。

 

樋口先生:そうですね。

 

作尾:患者さん喜んで口コミや紹介文を書いてくれるわけですね。

 

結構長文で書いていただけるので、ありがたいですね。

※インタビュー中にこれ以上はコンテンツを言ってはダメだと作尾が釘を刺す 笑

整骨院の経営が安定するために取り組むためには受付スタッフの雇用が鍵になる

 

作尾
作尾
月商100万円を達成しましたが、

やっぱり難しいのが継続して出していくことじゃないですか?

 

樋口先生:はい、そうだと考えています。

 

作尾:樋口先生の次の目標ってどんなこと考えられてますか?

 

安定して毎月100万を稼げるように取り組みたいです。

樋口先生:またスタッフの雇用と、これからさらにブレークスルーするにあたって、価格の変更を今は視野に入れています。

 

作尾:いいですね!話は変わりますが、現在、受付スタッフさんは雇用されていますよね?

 

樋口先生:はい、今は2名の受付スタッフが働いてくださっています。あと1名雇用したいと考えています。

 

作尾
作尾
受付スタッフさんを雇用せずに月商100万円は稼げますか?

 

無理ですね!

 

作尾:私のもとに相談をしてくださった先生の中には、受付スタッフを雇用せずに、月商100万円を稼ぎたいという先生がいらっしゃるのですが、先生はどう思いますか?

 

樋口先生:僕も最初はそう思ってたんです。全部1人でできると勘違いしていたのです。

でも、受付スタッフがいるだけで、リピート率が良くなります。

また、受付スタッフがいるだけで患者さんもリラックスすることもあって、今ではなくてはならない存在です。

 

作尾:改めて質問させてください。受付スタッフは絶対必要ですか?

 

絶対必要です!そこはケチらない方がいいかと。

 

 

自費診療で月商100万円を稼ぐために週休2日で予約枠は半分くらい埋まればいいって本当?

作尾
作尾
先生の稼働率を教えてもらいたんですけど、例えば1日20枠ぐらいあるとしましょう。

月商100万円を稼ごうと思うなら、1日の予約枠の何%ぐらい埋まると良いですか?

私の院では50%ぐらいですかね。

 

作尾:5割程度の稼働率で100万円を達成したってことですか!?

 

樋口先生:そうですね。

 

作尾:残りの5割は一服したり?他の仕事をするってことですか?

 

樋口先生:はい。施術以外の時間はスタッフ教育をすることもあります。

 

作尾:他には空いた時間にどんなことされてるんですか?

 

樋口先生:今はSNSであったり、マニュアルを徹底して作ることとかに時間と労力を費やしています。

 

作尾:マニュアルというと、治療の流れのマニュアルですか?

 

樋口先生:いえいえ、治療ではなくて、受付の方の業務をまとめたマニュアルですね。

 

作尾:業務マニュアルを作って仕事を誰でもできるようにしておくということですか?

 

樋口先生:はい、そうですね。

 

作尾:スタッフ全員が同じようなレベルでが仕事ができるって、すごくいことですよね。

 

樋口先生:そうですね。最近ちょうど新しい受付スタッフが入ったのです。

ですので、その方を教育しながら、今までの受付マニュアルの漏れを修正し、ブラッシュアップさせています。

 

作尾:マニュアルがあるのとないとでしたら

「こう動いて欲しいのに何でそんなことするねん…」

といった先生のストレスや、業務のミスは減りましたか?

 

樋口先生:はい、ずいぶん減りました。笑

 

作尾:「それちゃうやん」とか「何でそんなこと電話で言うねん」とか、そういうのもなくなりました?笑

 

樋口先生:だいぶ減りましたね。笑

 

週休2日は当たり前!自分のペースで自費診療で月商100万円を安定して稼ぐ方法

 

作尾
作尾
この度はインタビューに協力いただいてありがとうございました。

 

ありがとうございました。

 

作尾:これから開業したいとか、整骨院に自費診療を導入し安定した経営を実現するためにアドバイスがれば教えていただけないでしょうか?

 

まず経営において「自分なり」という取組が、失敗につながります。

僕も自分なりに取り組んだ時期がありましたので、それが伸び悩んだ部分でした。

 

まずはしっかりとした成功事例をもとに誰かのものを模倣することが大切だと思います。

成功したものを模倣してやっていくのが一番の近道と思いますので、ぜひ治療院成功塾のコンテンツを学びながら進めていただければなと思います。

作尾:樋口先生この度はインタビューにご協力いただきありがとうございました。

 

自費診療の整骨院を開業後に最短で黒字化!安定した経営をサポートする取組とは?

 

この度は治療院成功塾の会員の先生より、実際に開業前から取り組んだことをインタビューさせて抱きました。

整骨院や鍼灸院を開業後も、最短で月商100万円以上の収益を稼ぐ方法。

さらに、開業前から準備をしておくことで失敗をさけ、すぐに黒字化できる方法。

また、お金をかけずに新規患者さんを集客し、治療院にリピートしてくださる方法。

上記コンテンツが樋口先生は安定した整骨院経営を実現しております。

 

もし治療成功塾に興味がありましたら、この動画の概要欄のところにLINEのQRコードを読むURLを載せています。

そちらの方から私の方に、お気軽にメッセージをください

https://lin.ee/1PVAAYvVM

最後までブログをご覧いただきありがとうございました。

(監修;柔道整復師・鍼灸師 作尾大介)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です