整骨院業界に激震!保険者は個別に償還払いが適応できるって本当?怪しきレセプトは一刀両断

「これは本当に洒落にならない…」
「このまま保険診療を取り扱っていたら熟睡できない」

私に相談をしてきた先生2人が、5月末でレセコンを解約して整骨院を自費移行しました。

 

整骨院の怪しきレセプトは個別に償還払を命じることができるって本当?

こんにちは、治療院成功塾を主催しています、作尾大介です。

 

6月1日から施行される柔道整復師の療養費の改正についてまとめています。

令和4年の4月〜5月にかけて、

保険診療から自費移行したい先生
保険診療から自費移行したい先生
「保険診療から自費診療に変えたいのですが、何から始めたらいいですか?」

という相談をいただく機会が増えました。

理由は、

「「柔道整復師の施術に係る療養費について」の一部改正について」

https://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken13/dl/220324_03.pdf

 

という療養費の一部改正があったためです。

 

今回の改正は、本当に驚くような内容でした…

ですので、これを機に本格的に、整骨院を保険診療から自費診療に切り替えようとする先生が増えたのだと思います。

今年は整骨院業界もたくさんの制度の改正があります。

今後、どのように整骨院を運営していけばいいのか?

ブログにまとめましたので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

こんなレセプトは一刀両断!6月から整骨院業界に導入された驚愕の制度

この度の改正でどんなことが変わるのか?

詳しく調べてみると

「自家施術(柔道整復師による家族に対する施術、柔道整復師による関連施術所の開設者及び従業員に対する施術)を繰り返し受けている患者」

自分自身の施術や家族、あるいは同じ会社、同じ整骨院のスタッフが繰り返し、施術を受けている場合は保険請求が認められなくなるケースがあります。
※この内容については疑問がある先生は、直接厚生局に問い合わせてみてください。

ということになります。

他にも、繰り返しの患者照会に対して返答しない患者さんも保険者は個別に償還払いにできるようになるとのこと。

つまり、これは不正っぽいというレセプトは、保険者が個別に償還払いにできる可能性がでてきました。

もし、私が現在も健康保険の取り扱いをしていたら、本当に6月からは胃が痛い日が続くことになったことと思います。

 

次は長期理由や頻回施術を避けるために調整したレセプトが狙われる?市場規模が狭くなる整骨院業界

 

保険者が個人的に償還払いをできるようなってきました。

3ヶ月間保険請求をした後、1〜2ヶ月休んで、また保険請求を繰り返すレセプト。

頻回施術に該当しないように調整したレセプト。

 

ですので、今後はこのような疑わしいレセプトも個別の償還払いの対象になるかもしれません。

患者さんが

「あなたは償還払いになります」
「来月から個別で保険請求をお願いします」

と、患者さんが保険者から通達されたら、気分がモヤモヤするのも無理のないことではないでしょうか?

患者さんから、「今まで肩こりや腰痛も保険でみてくれていたのに、どうして?」という質問にはきっと答えにくいかと思います。

患者さんが通報することになれば、行政指導の対象になりかねません。

元々肩こりや腰痛に関しては、保険請求をした時点で犯罪です。

 

不正で捕まって名前が出てしまうと、先生の名前や整骨院名がネット上に晒される可能性もあります。

現在、小学校の低学年でもスマートフォンを持っています。

近所にある整骨院が急に閉めた原因は、調べれば誰でもすぐにわかるようになったのです。

 

この度の、「柔道整復師の施術に係る療養費について」の一部改正について」の通達を受けて

私に自費移行の相談をしてきた2人の先生が保険請求を止め、外傷以外は自費診療に切り替えました。

制度が変わるタイミングというのは、いろんな方が診療のスタイルを変えるタイミングだと考えています。

ですので、いち早く自費診療を取り入れて整骨院を運営していくことをおすすめします

 

行政の制度に振り回されない整骨院作りをサポートしています

最後に、私が主催しています治療院成功塾の紹介をさせてください。

治療院成功塾では、

・整骨院を保険診療から自費診療に変えたい

・開業する時は保険請求に頼らない整骨院を作りたい

そんな先生方のサポートをしています。

昨年は何人もの先生が保険診療をやめて、自費移行に成功しました。

また、感染症が広がるなか整骨院を開業した先生は、わずか8ヶ月で月商100万円を安定して稼ぎ続けています。

回数券や値引きチラシは必要ない!整骨院を開業後、月商100万円を安定して稼ぐ先生の取り組み

 

 

もし、整骨院の自費移行や開業でお悩みでしたら、治療院成功塾のサポートがきっとお役に立てると考えています。

自費移行でお悩みでしたら、LINEのQRコードを読むURLを載せています。

「ブログに書いてあることって本当?」
「治療院成功塾ってどんなことしてるの?」

ぐらいの気軽な気持ちでメッセージをいただければと考えています。

https://lin.ee/1PVAAYvVM

この度のブログがお役に立てれば嬉しく思います。

(監修 柔道整復師・鍼灸師 作尾大介)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。